東京で甲状腺専門の病院を探す時に必要な条件

なんだかだるい、疲れるといった体の不調をただの疲労と片付けてしまっていませんか。特に女性は甲状腺の病気が潜んでいることもあるので気を付けたいものです。甲状腺とは喉ぼとけの下にある蝶のような形をした部分で、新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを分泌する役割を持っています。よくある甲状腺の疾患として、ホルモン過剰分泌のバセドウ病、または機能低下の橋本病、細菌感染による炎症、しこりや腫れなどがあります。のどあたりに違和感があるなら、病院に行って検査をすることをおすすめします。東京には甲状腺を専門に診療を行っている病院がいくつかあります。のどに直接違和感がない方も、あらゆる体の不調も甲状腺が原因であることもあります。早期発見・早期治療のためにも一度受診してみましょう。

甲状腺専門医、東京には100名以上

甲状腺の病気は、実はほかの病気と間違われやすい症状が多く、受診する科によっては発見が遅れてしますこともあります。のぼせや多汗、動悸、無気力などでは更年期障害と似ています。頭の働きの低下、記憶力の低下は認知症の症状と似ています。イライラや気持ちが塞ぐといった症状はうつ病と似ています。疲れやすい、爪が変形している、皮膚が青白いといった症状は貧血と似ています。これらの症状がなかなか改善しない場合は甲状腺の機能を疑ってみましょう。甲状腺の病気が心配な時、病院は内科または内分泌・代謝を扱っている科を受診しましょう。東京で甲状腺を専門に診てくれる病院を探すのであれば、甲状腺学会認定の名簿より検索してみましょう。現在東京には100名ほどの専門医がおり、在籍している病院もすぐにわかります。

東京で甲状腺が気になる方はぜひ病院へ受診・検査をおすすめします

甲状腺の疾患がある場合は主に薬物治療で行ないます。バセドウ病なら1~2年の間、甲状腺機能を抑える薬を飲みます。反対に橋本病なら甲状腺ホルモン補充の薬を飲みます。腫瘍は悪性なら手術で切除、転移があれば放射線治療となります。身体の不調が気になる方は東京で甲状腺治療を専門に行う病院を探し、血液検査をしましょう。血液中の成分を検査することでわかります。これまでの健康診断などで、コレステロール値が低いと指摘を受けた経験がある方は、甲状腺についてより詳しく検査してみることをおすすめします。またのどの違和感があれば超音波検査を行います。検査はその日のうちに結果がわかる簡単なものです。予防法は現在わかっておらず、また自覚症状が現れにくいこともあるので、気になる方は検査をおすすめします。